養護施設を追われた少女マンガネタバレ(´;ω;`)悲しい・・・1

↓↓↓ 知っておきたい ↓↓↓

漫画サイトの落とし穴人気サイトBEST・5

養護施設を追われた少女マンガネタバレ
榎本由美・作

  最新 情報!
 マンガ 無料読み方法 Best.5
        

  

養護施設を追われた少女ネタバレ

 

ーーーーーーーーーーーーー
こちらはネタバレを含みます。
その前にマンガを読む人は
 ⇓ ⇓ クリック ⇓ ⇓
 リンク先で        
養護施を追われた少女
   と入力。すぐ読めます。 

ーーーーーーーーーーーーーー

 

  子どもが犠牲になる事件

 

近年増加傾向にあるというが、
表層化してきただけではないだろうか・・・

どうか子どもたちが安心して暮らせるように、
まずは知識を付けて欲しいと願い書きます。

 

 

親がなぜ育児放棄してしまうのか
なぜ虐待が起こるのか
そして死に至らしめてしまうのか・・・。

養子縁組、里親制度、
他人の子を育てる制度があります。

 

 

まるでオオカミの様な子ども。

 

養護施設から引き取った少女、アマネ。

里親の家にやってきても、唸り声を上げて
威嚇するだけでした。

 

食事を出せばテーブルからひったくり、
ソファーの下に潜り込んでガツガツ食べる。

お風呂は嫌がり暴れまわる。

 

うなり声や威嚇はするが、人間の言葉を
話さない 10歳の女児「アマネ」です。

 

 

 

そんなアマネを我が子のように育てたいと
引き取り、育てようとする夫婦。

その家にはすでに4人の子どもたち
が別々の家から引き取られていました。

 

 

いちばん上の小学校6年生の少女がアマネを
気にしていました

 アマネは夜の間中、部屋の布団の上で
体育すわりをしたままジッとしていたのです。

 

「おかーさん、あの子は?

        学校行かないの?」

 

「みんなが行ってる学校にいきなり一緒は

  まだ無理よ。気にしないで、

         いってらっしゃい」

 

 

そう言って家を出る子どもたち。

 

 

「あの子、夜寝てなかったみたい。

・・・・・寝ると叩かれるのよ。

あの子も、お母さんにそうされて
きたんじゃない?

  私のお母さんも、そうだった。」

 


6年生のお姉ちゃんが言う。

 

 

 

その通り、アマネの産みの母親は、自分が不眠症
であることから、
アマネが寝ると

 

 

「私が眠れないんだから、お前も寝るな!」


フライパンで殴りつけ、アマネが泣けば

 

「あああ! うるさいっ 声を出すな!」

 

フライパンで殴り続けていたのです。

 

 

 

その恐怖から人を警戒し、寄せ付けない、
オオカミのような少女になってしまったのです。

 

そのアマネも、
この6年生の子どもに怒られ、
この家の「おかあさん」
後ろに隠れた
ところから
距離が縮まりはじめます。

 

 

 

このおかあさんは殴らないかも・・・?

 


と、だんだんわかってくると

 



食事をきちんとテーブルでしたり、
言葉を話しだしたり、
お風呂にも入るようになります。

 

 

なぜ、食事を奪っていくのか

なぜ、言葉を話さないのか

なぜ、お風呂がイヤなのか

 

「理由」が マンガに出てくるのですが、

その様子が読んでいて本当に

胸が苦しくなります。

 

 

< 下に続く >


無料でマンガを読む方法♫

 

無料情報➡最新!
マンガ無料読み5つの方法・比較!

 

まずは無料で読む➡リンク先で
 養護施設を追われた少女
と入力です。

 

 養護施設を追われた少女・ネタバレ続き 

 

この「アマネちゃん」なりの
自分を守る様々な反応
ですが、原因がどれも
産みの母親による虐待です。

 

 

なんとか普通の生活に慣れて欲しいところです・・・・

 

虐待の中で育った子ども。
ちょっとしたことで記憶がよみがえり・・・

 

 

家族で囲んでいた食事風景を

一変してしまう出来事

起きてしまいます。

 

 

アマネの本能が起こした、攻撃

 

これはアマネちゃん自身、止められない、
彼女のトラウマが生んだ行動です・・・・。

 


家族でお好み焼きを焼いていた時の事です。

 

アマネがお好み焼きを

ひっくり返すのに失敗し、それを

焼き直そうとしたお母さんが、

フライパンを持ってきた事に

驚き、怖がり、怯え・・・・・・


 

発狂したアマネは

「お母さん」に飛び掛かり、

お箸で思いっきり

突き刺してしまう・・・!

 

 

 

お母さあぁぁん!!!」

 

 

子どもたちは悲痛な叫びをあげます。

 

 

家にいるのは、虐待の中を生きてきた
子どもたちです。

その中で、この事件・・・・

 

 

発狂したアマネと同じ気持ちの子が
いたのかもしれません。

 

思い出したくないことを思い出す・・・・

 



そう思うと悲しくなりますね。
どれだけ怖かったことでしょう。

 

 

そしてアマネは家を飛び出してしまう。

アマネの知らない「外」の世界に・・・。

 

 

このマンガはこちらで読めます。

描かれている表情に緊迫します。

↓↓↓ クリック ↓↓↓

リンク先で
「養護施設を追われた少女」
と入力してください。

 

クリック ➡ 最新!
マンガ無料で
読む方法5つを比較!】

 

 

養護施設を追われた少女・感想

 

虐待の問題は後を絶ちませんね・・・・

悲しいことですが、
日本では「子どもを育てる」事に

対して学ぶ機会がないように思います。

 

進学すること、就職することに重きを置くと、
どうしてもそれ以外の時間が取りづらくなります。

 

 

今の子どもは保育園や幼稚園から
習い事があるのが一般的です。

一人っ子も多く、保育園や習い事で外で
自由に遊びまわり、家族以外の
年上の子が、年下の子を見る機会も減りました。

 

つまり「他の家族の関係性(在り方)」を
見る機会がないのです。

 

だから
「うちの親はこうだった=子どもにとっての常識」
を作り上げるわけですね。

 

親が怒ってる時に殴られるのが当たり前、
という家庭で育てば、
殴られても仕方ない自分。という、それを
受け入れやすいのではないかと思います。

 

反抗できない。
反抗していいことだとわからない。

 

わからないから自分を責め続ける傾向が
強くなります。

「殴られて当然な自分」

人の目を見て話せない、
自分の意見が言えない。

そうやって意志を抑え込まれることは
非常に怖いことです。

 

モラルハラスメントも子どもに対し
多いのではないかと思いますね。

 

この「養護施設を追われた少女」
結末は、あの形になりましたが、
現実ではその先がまだあります。
「その先」いったいどうなるんでしょうね・・・・
気がかりです・・・・・・。



マンガはコチラからお読みください
↓ ↓ ↓ クリック ↓ ↓ ↓

>>>養護施設を追われた少女<<<

まず知ることが救うカギになります。

【虐待】についての感想を集めました。

身近に起きている虐待です。読んでみて下さい。

 

【虐待】について1

私の友人は、2人目のお子さんが生まれてから
いっぱいいっぱいで上の子に手が回らなくなり、
ネグレクト気味になってしまったようです。

そんな中旦那さんの浮気が発覚し、ますます混乱。

旦那さんへの当てつけもあるのか、結果、
自分から児童養護施設に
預ける事にしたようです。

でもなぜか上の子だけ。

それで旦那さんも目が覚めたのか、子育てに
積極的に参加するようになり、
家庭の環境も
整いだしたので、
施設の方からの許可もおり、

上の子は家に帰ることが出来たようです。

計3ヶ月ほど。上の子どもの心の傷は
大丈夫なんだろうか・・・・・・。

こういった家庭環境も虐待に繋がると思ったら、
身近な話だし、
自分も気をつけなきゃいけないと思いました。

::::::::::::::::::::::

父親も子育てに「積極的」に参加じゃなくて
自分の子どもですから「常に子育てする」ことが
本来は自然ですよね?

仕事をしているから、とかそんなのは別問題です。
仕事をして自立したから家庭を持ったはず。

仕事があるから、というならば、
何のための仕事なのか
もう一度考えてみてもらいたいところです。

 

 

【虐待】について2

数年前のお正月にコンビニに行くために歩いていました。
雪が降っていてかなり寒かったです。

古いアパートの階段の下に裸足で薄着の5,6歳の
女の子が座っていました。


おかしいなと思って
「どうしたの?」と声をかけると
「お母さんに外にいなさいって言われたの。
男の人が来てるの」とつぶやきました。

 

こんな寒空に小さい子を外に薄着で
放り出す
なんて虐待以外の何物でもない!と思い
すぐに警察に通報しました。

警察官が到着するまでの間、
すぐ近くに住む友人に毛布を持ってきて
もらったり、温かい飲み物を買ってきたりして
少しでも身体を温めました。

警察官が来ると、「また君か」とネグレクトの
常習であることがわかりました

警察官に引き渡してその場を後にしましたが、
自分の欲求のために子どもを寒空に放り出す母親が
いるなんて
と、母になった今でも悲しく思います。

:::::::::::::::::::::

 即連絡は必要かもしれないですね。
しかし、警察だけでは、その子の状況が
変わらない事なんですね・・・・・・。

 

 

 

【虐待】について3

私の身内の子で虐待されているかもしれない子供が
います。

身内で集まる機会があり2年ぶりにその親子に会いました。
子供は小学生と1歳半、どちらも男の子です。

小学生の子は発達障害(多動症)。
上の子がヤキモチを焼いていて手がかかる。
障害だからといっても、
やってイイ事と、悪い事が
あるなど
週に一度電話がきます。

電話中にも、うるさい!話しかけんな!
おい!片付けろって言っただろうが!
早く遊びに行け!

散らかしてばっかり、食ってばっかり、誰の金だと
思ってる
と小学生の子に怒っている事が多々・・・。

普段から怒ってばかりですが下の子(1歳半)を
溺愛しています。
LINEで下の子の写真をよく送ってきます。

笑顔、出かけた時の写真、下の子だけの写真。
上の子の写真を送られてきたことがありません・・・。

:::::::::::::::::::

障害に関して誰一人として同じ症状はありません。
性格も同じです。
やはりじっくり向き合う時間が必要なんですよね。

しかし、一番必要なのは「母親」が「母親」で
いられるような、気持ちのゆとりだとも感じています。

子どもを産んだから母親、とは簡単には成れません。

けじめはつけても知識はありませんから。

やはり親になるために必要な知識を付ける機会が少ない
ように感じますね・・・・・・。

 

 

【虐待】について 4

同じ建物内の下の階に会社の会議室として借りて
いた夫婦がいました。

従業員などを見ることはあまりなかったですが、
夫婦と若い男の子の姿とは
よく挨拶を交わしたりしていました。

 

夫婦のお二人は挨拶をするとニッコリと笑顔で
答えてくれていたのですが、
若い男の子はいつも下を向きボソボソと挨拶する
程度でへんな子だなと思ってました。

そこから数ヶ月して夜中になると、
喧嘩
している
ような声が聞こえることも度々あったり
夜中に1人で駐車場に座っている男の子を目撃したり
なんだか変なことが度々ありました。

 

夜なので顔を見ても暗くて分かりません
でしたが気付くまでに時間がかかりましたが、

顔中があざだらけで、殴られ、追い出され、が
毎日だったようです。

 

段々とエスカートしていき、真冬に裸で外に
出されていた時に近くの住民が気づき、保護
されたんですが
男の子は施設から引きとられた子で
奴隷のようになっていたとも後から聞きました。
わざわざ施設から子を引き取るほど子供に虐待が
したかったかは知りませんが、
同じ人間に対して目に見える傷をつけ楽しみ、
発散させている大人がいる気持ちが分かりません。

どんなことがあろうと虐待はダメです。

してしまうのならすぐさま子供の将来や心の成長を
考え自分の元から手離し
自分が成長してもらいたいと深く思います。

::::::::::::::::::::::

施設から出れば幸せ、とも限らないですよね。
こんな里親がいるとは・・・・・・。

親による虐待事件、
施設の職員による虐待事件、
里親による虐待事件。

それそれ人間がかかわる以上問題は出ますが
採用前に何とか出来ないものでしょうか?
救いの場所で救われなかったら、
絶望してしまいそうです・・・・・・。

 

アマネの里親さんの大きな愛情を見ると、
ああいう親になりたいと思う人も
多いのではないでしょうか。

 

是非 本編を読んでみてくださいね。

 ↓↓↓  クリック  ↓↓↓
最新!マンガを読むの方法】

 

↓↓無料キャンペーンでマンガ読み放題↓↓

無料の登録するとポイントでマンガが無料!


無料お試し期間が31日あります! 

マンガも映画もドラマも無料で見られる!

 

>> 【昼顔】

 

>>【コード・ブルー

 

>>【人志松本のすべらない話】

 

PR]

 

こちらでも「虐待」を題材にした
マンガが多数ありました。

 

登録すると無料で使えるサービスが
多いのでお試しくださいね。


続きは▶「養護施設を追われた少女」ネタバレ2

 

 

< TOPページに戻る >