500日を生きた天使2巻┃結末(・_・、)ネタバレ無料読み方法

↓↓↓ 知っておきたい ↓↓↓

漫画サイトの落とし穴人気サイトBEST・5

500日を生きた天使2結末ネタバレ無料

さがわ蓮・中村美幸・作

【無料で読む◀クリックしてタイトル入力 】


「日常」感謝

感じるマンガでした。
ーーーーーーーーー

無料立ち読み

➡「500日を生きた天使

*登録なし&無料の立ち読みのあるサイトです。
ーーーーーーーーー

 

500日を生きた天使2ネタバレ

 

27歳・ママになった「みゆき」

最愛の我が子は生後4か月で
腎臓に小児がんが見つかったのです。

そして余命宣告を受けたケイちゃん。

 

1998年3月2回目の化学療法などを、その小さな身体で受ける。

 

けいちゃんの体調が落ち着きまた大部屋に移ります。

 

 

宇野さんと智くんに会い

元気そうね とお互い声をかける。

 

 

ケイちゃんもお友達と一緒だとうれしそうに見えます。

そして子供たちは2人とも仲良くベッドの中で遊んでいる。

 

微笑ましいのですが・・・・

2人とも同じ小児がん

なのです。

 

 

体調は落ち着いたものの、「がん」が消えてなくなったわけではない・・・

 

 

 

この後またMRIやCTを撮って、


その結果を見て化学療法やるんだろうな・・

 

 

 

つかの間のお休み。

この貴重なお休みでも頭の中から「がん」が消えることはないのでしょう。

 

 

お散歩を楽しむ親子の時間が愛おしく見えます。

 

 

お散歩していると美穂ちゃんのお母さんに会う。

美穂ちゃんは・・・・・・

 

 まずは無料で読んでみる

➡リンク先で「500日を生きた」で検索

 

 

500日を生きた天使2・感想 

 

挨拶ひとつ、恐る恐るになってしまいそうなガンの子どもを持つ親たち。

 

顔を合わせて第一声に発せられるのは良い知らせか、それとも・・・・・

 

廊下で合って挨拶するのも辛いんじゃないだろうか・・・・

 

 

私がこの母親だったら耐えられなくなりそうです。
こうやって頑張って気丈に看病しているお母さんを見ると本当に尊敬の念しかありません。

 

 

国立がん研究センターで調べるとこのような記述がありました。

 

小児がんとは

小児がかかる「さまざまな がんの総称」です。

 

 

主な小児がんは、白血病、脳腫瘍、
神経芽腫(しんけいがしゅ)、リンパ腫、
腎腫瘍(腎芽腫(じんがしゅ)、ウィルムス腫瘍)
などです。

 

血液のがんである白血病やリンパ腫を除き、大人ではまれなものばかりです。

胃がんや肺がんなどは、子どもにはみられません。

 

 

神経芽腫、腎芽腫(ウィルムス腫瘍)、肝芽腫など「芽腫」と呼ばれるがんの原因は、胎児の体の神経や腎臓、肝臓、網膜(もうまく)などになるはずだった細胞が、胎児の体ができあがった後も残っていて、異常な細胞に変化し、ふえていった結果と考えられています。

 

大人のがんとは異なり、生活習慣にがんの発生原因があると考えられるものは少なく、網膜芽腫やウィルムス腫瘍のように、遺伝するものもあります。

 

 小児がんについては最下にまとめておきますね。

 

  マンガで読んでみる。

↓ ↓ ↓ クリック ↓ ↓ ↓

▶500日を生きた天使▶U-NEXTで無料

 

 

 

主な小児がん

 

白血病  血液のがんです。小児がんのうち約40%を占めます。

 

脳腫瘍  頭蓋骨(ずがいこつ)の中にできた腫瘍です。
白血病に次いで多く、小児がんの約20%を占めます。
子どもに多い脳腫瘍はグリオーマ胚細胞腫瘍、髄芽腫などです。

 

神経芽腫 交感神経のもとになる細胞から発生する腫瘍です。
腎臓の上にある副腎や交感神経などから発生します。

 

リンパ腫  リンパ節、脾臓(ひぞう)、骨髄(こつずい)など、細菌やウイルスの排除などの免疫機能をつかさどるリンパ組織から発生するがんです。

リンパ組織は全身に及んでいることから、全身のあらゆる部位に発生する可能性があります。

 

ウィルムス腫瘍  子どもの腎臓にできる腫瘍です。胎児期にある程度大きくなり、ほとんどが乳幼児期に発症します。

 

 

 

小児がんの治療

現在、小児がんは、手術治療、薬物療法(抗がん剤治療)、放射線治療、造血幹細胞移植などを組み合わせて治療します。

 

小児がんは発見が難しく、がんの増殖も速いのですが、成人のがんに比べて化学療法や放射線療法に対する効果が極めて高いのも特徴です。

 

ここ数十年の医療の進歩で、現在では70~80%が治るようになってきました。

 

小児がんは、以前は『不治の病』とされてきましたが、

1950年代にはそれまでの手術療法に加えて放射線治療が、

 

1960年代には薬物療法(抗がん剤)が治療に効果があることがわかり、

その後、多剤併用や増血幹細胞移植が適用されるようになって、総合的に治癒率が向上してきました。

 

 

小児がんは、数が少なく種類が多いため、症例の多い病院での治療が必要です。

 

 

▶500日を生きた天使▶U-NEXTで無料

*無料で31日間↑↑使い放題してみましょう!

 

 

* シェア・コメント * ありがとうございます *

 

< TOPページに戻る >