累漫画無料[4巻]ネタバレ(゚ロ゚;)【累(かさね)最終回まで】透世の「元」になった人物

↓↓↓ 知っておきたい ↓↓↓

漫画サイトの落とし穴人気サイトBEST・5

累漫画無料[4巻]ネタバレ最終回まで  
松浦だるま・作

無料で1話 全部 読む!
➡リンク先に「 累 」と入力

累(かさね)

累(かさね)ネタバレ

 あらすじ


「伝説の女優」と言われた亡き母、
淵 透世
(ふち すけよ)その娘、
淵 累(ふち かさね)
累は母とはちがい醜い顔だった。

形見の「口紅」を塗り、口づけをすると
顔を奪い取れる・・・。

異色のシンデレラストーリー。

 
「サロメ」の舞台に立ち、見事な演技で
舞台女優として日々成長していく累。

そんな中、羽生田は
偶然すれ違った女性の顔に驚愕した。

累の母、

淵透世と瓜二つの女性・・・・。

 

<下に続く>


やっぱり先に
マンガで読みたい人に無料情報!

 

 ポイントで 無料 読み 
↓ ↓ ↓ クリック ↓ ↓ ↓

累(かさね)4巻▶無料で読む


 

その女性の名は、野菊。

 

 

身体を売り生活している野菊は、
父から
「透世」と呼ばれていた。



透世そっくりに
するよう強要された上、
透世に瓜二つな野菊を父親の欲望の
はけ口として性的虐待を受けていた。

 

 

野菊は身売りしていた客から、
「サロメ」の丹沢ニナの舞台
見よう
と誘われる。

吐き気がする程嫌いな舞台だが、
「淵透世の再来」と言う言葉を聞いて
観にいく事にした野菊。

 

 

 

舞台を観た野菊は丹沢ニナの美しさと
その演技力に魅入ってしまい、
その世界に引き込まれた。

 
舞台中、
累は観客席にいる野菊が目に入る。

母・透世にそっくりな彼女に
一瞬言葉が詰まる。

 

< 下に続く >

無料マンガ【読み放題】のススメ

↓ ↓ クリック ↓ ↓
クリック
➡U-NEXT➡累

↑無料登録で600円分
毎月初1200円分ポイントもらえます♫

 

日本最大級動画サイト
  U-NEXT

マンガ映画・ドラマ・雑誌・音楽
英会話・ビジネス書・グラビア
R18
まで読み放題
 無料期間は今なら 31日間!


無料登録で
全部使える!
  
*期間は確認してみてね!

 

舞台中、累は母・透世にそっくりな
彼女に一瞬言葉が詰まる。

 

舞台後、
累は幻想では無いその母の顔を求め
エントランスへ向かう。
階段を降り、
つまづいた累の手を掴んだのは

・・・・母の顔を持つ野菊。
累はどうしても野菊引き止めようと
お茶に誘い、会話を始めると共に
2人の距離は近くなり連絡先を交換する。

 

 

心を通い合わせる2人だが、
野菊の母こそ淵透世の顔であり、
累とは異母姉妹だった。

 

 

 

淵透世と野菊の母。
2人の秘密のストーリー
そこには、あった。

(「累」4巻収録)

 

 

舞台女優として成功し
「伝説の女優」として生きた
累の母の本当の名は、「誘(いざな)」

 

 

「あなたは自分の顔で自分の声で

自分の行きたい場所に行って、

行きたいように生きるの」

 

 

 

知らずに異母姉妹と出逢った累と野菊。

心を通い合わせる一方でそれは、
終わりの始まりなのかも知れない・・・。

 

< 下に続く >

 

累(かさね)・感想 

 

この巻で、透世の元の顔が誰なのか
わかります。

 

累の母「誘(いざな)」が
奪った顔の娘、野菊。

 

ニナの顔を奪った累(かさね)。

 

ちょっとこんがらがりそうですが、
大丈夫でしょうか。

 

 

 

野菊の父が実の娘を透世の代用とする為、
透世そっくりに演じる事を強要するだけ
では無く、あれは性的虐待・・・・・・。

 

 

4巻は謎が解ける分、
実に重い話になっています。

 

しかし、それだけの過去を持つからこそ、
暗い過去を持つ累とすっかり打ち解ける
事が出来たんでしょうね。

 

お互いが姉妹だと気づかないまま、
運命的な出逢いを果たし惹かれていく。

野菊は
透世そっくりの顔を持つ女性ですから
累にとって惹かれるのは当然の話です。

まるで親友のように心を開き、
心の隙間を埋めるような時間を共有する。

 

 

ただそれは、
お互い姉妹だと知らないからであって、
そこに気付いた累と野菊は
この後何を思うでしょう・・。

 

 


この世界観は思わず引き込まれてしまう・・・

さすが人気コミックだなぁとしみじみ思います。

見応えあります!



↓ ↓ ↓ クリック ↓ ↓ ↓

累(かさね)4巻▶マンガで読む

 

美しさを人から奪っても、
累が自分本来の優しさと葛藤、苦悩を
抱えて行くのがこのマンガの醍醐味ですね!

 

 

* シェア・コメント * お待ちしています *

< TOPページに戻る >