ダブルミンツ漫画ネタバレ【映画化決定】田中俊介・淵上泰史

ダブルミンツ漫画

【映画化決定】

田中俊介・淵上泰史

    こっち だよ~
すぐに読みたい人は↓↓↓
サイト内で「ダブルミンツ」で検索

>>「ダブルミンツ」漫画で読む
*最初は無料で読める、試し読みから始まります。
ダブルミンツが漫画から映画になります!

主演:田中俊介・淵上泰史

原作: 『ダブルミンツ』中村明日美子

『ダブルミンツ』は、『同級生』シリーズなどで
知られる中村明日美子による作品。

『同級生』シリーズ同様、
男性同士の恋愛が描かれているものの、
いわゆるBLというジャンルだけでは括りきれない、
濃厚な作品です。

ダブルミンツ・ネタバレ

SEとして働く 壱河光夫のもとに突然、

「女を殺してしまった」という

衝撃的な電話が届くところから物語は始まります。

 

 

 

電話の相手は高校の同級生・市川光央。

 

 

 

同じ名前を持つ二人は高校時代、

他の誰とも違う特殊な関係を結んでいました。

 

 

出会った瞬間から彼の「目に殺され」

魅了された光夫は、

暴力を伴ういじめによる支配を通じて次第に

彼=もう一人の光央に隷属するようになっていったのです。

 
そして、突然の電話から再び動き始めた

二人の関係は、女の死体を埋めるという

秘密の共有を経て、さらに変化していきます。

 

 

物語は高校時代のエピソードを挟みながら、

隷属から「血がまざりあうような」、

互いが互いにとって不可欠な存在に

変化する過程を丹念に描いています。

 

 
ごく普通の生活を送る光夫に対して、

もう一人の市川光央は成人後ヤクザ

使いっ走りのようなことをしているという設定。

 

 

そのため、作中には過激な暴力表現も多く、

また、BL作品としての性描写もあります。

 

だからといって、

 

生々しすぎて読みきれない!

エグすぎて見ていられない!

ということは一切ありませんでした。

 

 
先に紹介した内容の吸引力や、

著者独特の線の伸びが印象的な作画がその理由。

 

特に市川光央は、その眼光の鋭さや繊細な睫毛から、

光夫が「目に殺された」とまで感じた魅力が

伝わってきます。

 

 

個性的ながら繊細で綺麗な絵のおかげで、

過激な描写にも引くことなく読みふけってしまいました。

 

 

 
物語が進むにつれ、

高校時代には支配者だった光央の

弱い部分が見え始め、比例するように、

光夫は裏社会に足を踏み入れていくことになります。

 

 

恋愛としての二人の関係性・・・・

 

 

同じ名前を持つ二人の人生が混ざりあっていく・・・・

 

 

恋愛ものの枠に止まらない

濃厚な人間ドラマとして、

一度は読んでみてほしい作品です。

 

>>>「ダブルミンツ」本編を見る

*最初は無料で読める、試し読みから始まります。

 

 

お得な理由を知りたい人はこの記事を読んでみてください。

独占配信まんが王国~ボーナスもGET~

 

**今こんな漫画も読まれています**

「少年魔法士」なるしまゆり【やっと完結】最終話