育児放棄~私を捨てたお母さん【姉の腕の中で弟が餓死?】無料読み!

育児放棄~私を捨てたお母さん無料読み!育児放棄~私を捨てたお母さん~ストーリーな女たち

 

f:id:manganetabare1:20170629132525j:plain

覚悟して読んでください。

 

 クリックして「育児放棄」で検索
 ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓

 

>>>  クリック  <<<

 

 

美花の母親は18歳で子どもを産んだ。

 

しかし父親は浮気して出て行ってしまい、母親は働かなければならなくなった。

 

母親は子どもを保育園に預けて働きに出るでもなく家にカギをつけ、まだ幼い子どもを2人だけにして閉じ込めていたのです。

 

常習化する育児放棄


母親は仕事のたびに
子どもを家に閉じ込めて出かける。

それは常習化していて、
もはや子どもたちも母親がいないことに慣れていた。

 

母親が2日、3日と過ぎて帰ってこなくても
気にならなくなっていた。

帰らない母親

 

ある時、
母親が帰ってこなくなった。

 

3日目・・・・・4日目・・・・・・母親は5日たっても、
6日たっても、家に戻っては来ませんでした。

 

 

電気・・・・・・ガス・・・・・・未払いのまま、止められてしまうライフライン。

 

真夏の、
窓の開かないようにされた部屋。

 

部屋の中はゴミがあふれ、汚れも貯まり悪質な環境だった。

 

食べ物はなくなり、お腹がすいて泣いてばかりの弟・・・・・・。

 

食べるものを必死に探す美花でしたが、食糧は無く最後に見つけたものは・・・・

 

育児放棄~私を捨てたお母さん~
⇓ ⇓ ⇓ クリック ⇓ ⇓ ⇓ 

>>> マンガで読む <<<

*リンク先で 育児放棄 と入力してください

 

兄妹が最期に食べたモノ

兄妹が最後に食べたのは、電気が止められて温室のようになった冷蔵庫の中のマヨネーズやケチャップ、ソースでした・・・・。美味しい、と言いながら食べる兄妹でしたが、やはり品質も悪化していたのです。「おなか いたい・・・・・・」うずくまる弟。ウンチを漏らしてしまいます。

兄妹の最期

腐った調味料を食べた兄妹。弟はお腹が痛いと言ってうずくまり、脂汗を浮かべていました。

まだ幼い美花には、弟を看病する事も出来ず、ただ、そばにいて声を掛けるしかできません。

 

そのまま寝てしまう兄妹。

 

 翌朝・・・・目を覚ました美花は、弟の異変に気づきました。

青白い、血色のない顔・・・・動かない・・・・。

 

美花は必死で玄関を叩いて大家さんを呼びはじめます・・・!

******************
******************

f:id:manganetabare1:20170629131207p:plain
 ▽ ▽クリック ▽ ▽ ▽ ▽

 >>育児放棄~私を捨てたお母さん<<

* リンク先で「 育児放棄 」と検索するのが早いです。

******************
******************

 

 

読んでいると「早く助けてあげて!」と思わずにはいられません。

 

是非読んでみてください!

 

 

 身近な【虐待】について聞きました。

<虐待>紙一重

最近、虐待で死亡するニュースをよく目にする気がします。

現在、私にも2歳と9ヶ月の娘がいてるので、ニュースを目にするたび人ごとには感じられなくてどうしようもない気持ちになります。

独身の頃は虐待をする親の気持ちを少しも理解することができませんでしたが、親になって初めて虐待をする母親の気持ちを考えるようになりました。

虐待は絶対にしてはいけない行為であり許されない行為です。

 

しかし、誰にも頼れず一人きりで子育てをしているとどうしようもない孤独とイライラに押しつぶされそうになるのも事実です。

実際私もイライラして殴りこそしないものの、大声でどなったりしてしまうことがあります。

 

つい感情的になってしまい、2歳の子にすごい暴言を吐いてしまった時もあります。

なので、虐待をするかしないかは紙一重だという事です。

さいわい私の場合は周りに話を聞いてくれる人がいるので、何とか大丈夫ですが

本当に一人きりで子育てをしている人は孤独だと思います。

 

育児放棄~私を捨てたお母さん~
⇓ ⇓ ⇓ クリック ⇓ ⇓ ⇓
>>> マンガで読む <<<

*リンク先で 育児放棄 と入力してください

 

<虐待>子育ては綺麗事ではありません。

 

私が考える虐待は、とても身近にあると思います。
2人の娘をもつ主婦です。

上の娘が中学2年生に下の娘が小学5年生になり虐待ということは遠のいてきたと思います。
私の経験だと虐待はいつでも誰でも起こり得ることで、どこで気づきどこでとどまるかだと私は思います。
自分の精神状態で子供達への対応は変わるし、子育てに行き詰まると子供に対して強い口調になるし、親と子の上下関係を利用して
理不尽な命令をするし。

身体に痛みを与えるだけが虐待ではなく、小さな小さな意地悪も虐待の始まりで、その感情に気づき切り替えられるかだと思います。
幼い時にこそ起こりやすく、テレビで幼子が虐待され亡くなるとニュースを聞くと子供は可哀想だと思いますが、親には怒りや説教よりも親自身が幼く狭い世界で生きていて、もしかして自分だったかもと感じます。

 

子育ては綺麗事ではありません。

 

育児放棄~私を捨てたお母さん~

⇓ ⇓ ⇓ クリック ⇓ ⇓ ⇓
>>> マンガで読む <<<

*リンク先で 育児放棄 と入力してください

 

<虐待>鍵なしっ子

以前に住んでいたアパートのお隣さん。

母子家庭で小学生の男の子が2人。
4年生と1年生。
夕方いつも遅くまで外で遊んでいて、4年生の子は多動性障害がある。

19時ごろに母親が帰ってきて、すぐに子供が帰って来ないと鍵を閉めて家から閉めだす。

その後また母親だけ出かけて子供たちは外で遊んでいる。

「お母さんは?」と聞くとガソリンを遠くまで入れに行っている。

との事で、「夜ご飯は?」と聞くとまだ。

20時になっても帰って来ず、仕方なく我が家でテレビを見て待っていた。

結局帰ってきたのは21時前。

子供に家の鍵も預けずに出かけるし、ご飯も食べさせてないのはネグレクトではないのか?

当時そんな事が頻繁にあり大丈夫なのか凄く心配になった。
今は子供に鍵を持たしているので、そんな事は見かけないが閉め出されているのはたまに見かける。

 

育児放棄~私を捨てたお母さん~

⇓ ⇓ ⇓ クリック ⇓ ⇓ ⇓
>>> マンガで読む <<<

*リンク先で 育児放棄 と入力してください。

 

TOPページに戻る