外道の歌カモについて|д゚;)過去~現在まとめ」

↓↓↓ 知っておきたい ↓↓↓

漫画サイトの落とし穴人気サイトBEST・5

外道の歌「カモについて・過去~現在まとめ」

外道の歌(1)

外道の歌~4巻カモ


ここから先はネタバレが含まれます。

  まずは試し読みがおススメです。

↓ ↓ ↓ クリック ↓ ↓ ↓

 

>> 試し読みは無料で読めます <<

リンク先の右上にある検索窓で
『 外道の歌 』と入力するとすぐ読めます。

 

 

外道の歌ネタバレ「カモについて」

復讐屋になるまで

 

 

カモ達が住む「カモメ古書店」
 

復讐代行業の拠点ともなるその場所
に住む1匹の猫「日曜日」

 

なぜ「日曜日」と呼ばれるのか、
カモ以外は誰にもわからないのです。
 
カモに聞いても答えてくれない。
 

 

 

カモはなぜ復讐代行を始めたのか?
猫の名前はなぜ日曜日なのか・・。
 

 

 

・・・4年前。
 

 

この時カモ(鴨ノ目 武)
普通のサラリーマンであり
妻と幼い娘を持つ
平凡な家庭の父親だった。
 

 

仕事が忙しくあまり遊んでくれない父親に
そっぽを向き、ヤキモチを妬かせて
自分に振り向かせようとする娘。
 

 

ありふれた一般家庭の日常がそこにはあった。
 

 

忙しい妻が食事を冷凍モノで済まそう
としているのを見て、
「オレが作るよ」と優しい一面もあるカモ。
 

 

その食事の際、娘の里奈が
「仔猫が欲しい」と言い出した。
 

 

なんだかんだ理由をつけて
「ダメ」を繰り返すカモ。
 

 

それに対して、里奈に
「パパ嫌い!」
と言われ
「うっ・・」
とカモは戸惑ってしまいました。
 

 

カモは娘にメロメロなんですね。
 

 

「嫌い」と里奈に言われ
流石にこたえたのか、
「里親を探してたから」と理由をつけて
カモは仔猫を抱えて帰ってきた。
 

 

「パパ好きー!」
と里奈は大喜び。
 

 

カモには考えがあった。
 

 

猫の寿命を考えると、
里奈の思春期に死を目の当たりにする。
 

 

その年頃に生き物の死を経験するのは
いい事じゃないか、と考えたのだ。
 

 

里奈は仔猫に「日曜日」と名付けた。
 

 

変わった名前だが、
それは里奈の大好きな日曜日からのもの。
 

 

仕事の忙しいカモは日曜日くらいにしか
里奈に構ってやれず、唯一
父親と一緒にいられる日曜日が
大好きだったのです。
 

 

ちょうどその時、
亡くなったカモの父親の古書店を
継ぐ話があった。
 

 

お店を継ぐといつも里奈と一緒にいれて
毎日が日曜日のようだ、
とカモは里奈に話す。
 

 

平凡で幸せな家庭がそこにはあった。
 

 

・・・しかし、ある日を境に
その幸せは壊れてしまう。
< 下に続く >

 

外道の歌マンガ無料で読む方法

  外道の歌
⇓ ⇓ ⇓ クリック ⇓ ⇓ ⇓
>> マンガ 無料の試し読み <<

 


>>無料で読む➡ U-NEXT<<


無料でマンガを読みたい人なら
ここに登録すると今なら
31日間

マンガ映画・ドラマ・グラビア

  音楽・英会話・ビジネス書・雑誌

アダルト
まで無料・読み放題があります。


無料登録時
600円分、
毎月初1200円分ポイントがもらえる。

Pを使って無料で映画やマンガを見る!


>>>  U-NEXT  <<<

コストパフォーマンスも良く、継続率も高いです★

 

最新!マンガ無料読み方法 Best.5

 

外道の歌 カモについて

  

買い物に出かけた妻と里奈。
そして、その2人を見つめる
・・・・・・不審な男。
 

 

2人は家に帰ると呼び鈴が鳴った。
 

妻がドア窓から覗くと、
知らない男がそこに立っている。
 

 
「お子さんがお菓子を落としたみたいで、
玄関に置いていきますね」
 

と男はいなくなった。
 

 

 

 
妻はドアを開けお菓子を受け取ると、
ドアを押さえる男の手が・・・・・・。
 

 
「人妻ってさ、欲しがってんでしょ?」
 

 
そう言って男が中に入ってきた。
妻は警察に電話しようとしたが
男に殴り倒されてしまう。
 

 
鍵を掛け、男はなおも妻に何度も殴打した。
 

 
突然の出来事に、泣きながら
父親の名前を叫ぶ里奈にも
男は牙を向けた・・・・・・。
 

 

 
カモが家に帰ると、
そこは物々しい雰囲気に包まれていた。
 

 

 
「あんた、早く行った方がいいよ」
 

 

 
そう近所の女性に促され、自宅へ向かったカモ。
 

 

 

 
そこで見たのは、入り口に立つ
警察の奥で・・・・・・

横たわり、

シートが被せられた妻だった。

 

外道の歌 カモについて続き

 

妻は里奈をかばうように
覆いかぶさった状態で見つかった。
 

 
2人は男に殺されていた。
 

 
生まれて初めて味わう絶望感・・・・・・。
 

 
カモは涙すら流せず、
ショックで呼吸が出来なくなり
その場に倒れこんだ・・・・・・。
 

 

 

カモは食事も喉を通らず、
抜け殻のようになってしまった。
 

 

そこにカモの叔父がやってくる。
 

 

「子供のためならどんな事でも乗り越えられる。
乗り越えられないものがあるとするなら、
自分の子供が死んだ時だ」
 

 
そうカモは言った。
 

 

 

 
妻は育児のストレスから家事もおろそかになり、
けして褒められる母親ではなかった。
 

 
しかし、妻は最後に
自分の命を張って娘を守ろうとした。
 

 
カモは自分がするべき事を妻がし、
情けなさも感じていた。
 

 

外道の歌 感想

 

「犯人が1人浮かんでいる・・・。」
 

 
叔父は犯人の事を言い残しその場を離れた。
  
カモは叔父が買ってきた飲料水を飲み、
その目つきが変わる。
 

 

 
犯人である警察官僚の息子。
 

父親から海外留学の手続きが済むまで
外出禁止を命じられる。
 

 
事件を知っていながら、犯人である息子を
海外逃亡させるつもりだった。
 

 
しかし、その息子は
タバコを切らしコンビニに向かうため
外出してしまった。
 

 
その背後に立つカモ。
 

 

 

 
カモは包丁を手に、

犯人の男に突き立てた。
 

 
男は唸りながら倒れ、カモの額に爪を立てる。
 

 

これがカモにとって最初の復讐となった・・・。
 

 

 

 

 

外道の歌 カモについて結末

 

再び自宅で抜け殻のように座り込むカモ。
 

 

 
そこに叔父がやってきて、
 

 
「この前の容疑者は行方不明に
なってるらしい・・・・。
 
そろそろ仕事に出たらどうだ?気が紛れる」
 

 

そう言い、カモの家を後にする。

 

 

その時聞こえてきたテレビの音。
 

 

それは、カモのように会社員の父親が
自宅に帰ると家族が殺された事件の報道。
 

 

カモはその父親である男性に
会いに行き、話を聞いた。
 

 

男性はたった数千円のために、
妻と息子殺され
家族を失ったと話す。

 

 

カモにはこの男性の気持ちが
よくわかった。

 

 

カモは最近よく同じ夢を見る。
 

 

妻と里奈と3人で歩いているが、
2人はどんどん先に行く。
 

 

カモは必死に追いつくように歩いても、
2人はカモを置き去りにして行ってしまう。

 

 

家族を失ったもの同士、
気持ちが通ずるものがあった。
 

 

「私が、あなたの代わりに・・・・。」
 

 

8日後・・・・。
 

 

カモは住んでいた団地を引き払い、
自分の父親が経営していた古書店を
継ぎ引っ越した。

 

 

先日の事件の犯人が死体で見つかった事を
叔父が話す。
 

 

「おまえか・・・・・なぜおまえがやる?
なんのために?」
 

 

その叔父の問いにカモは、

 

 
「誰もやろうとしないから・・・・・・
他の誰にもできないことだから」
 

 

カモは被害者遺族の復讐を行う事になる。
 

 
「復讐代行」として、カモは
他の誰にも出来ない遺族の苦しみに
答えるようになった・・・・・・。

 

 

 

外道の歌が好きなあなたにオススメする作品

 

映画化
「累(かさね)」のネタバレ!

 

累漫画無料[1]ネタバレ(゚ロ゚;【累(かさね)最終回まで】人の顔を奪うヒロイン累(かさね)

 

今夜は月がキレイですが【マンガ】ネタバレ 【1話】д゚*)とりあえず死ね

 

最新!マンガ無料読み方法 Best.5

 

 


最新!マンガ無料読み方法 Best.5

 

 

外道の歌実話多いですよ!?

この衝撃は絵を見ながら是非感じてください!

 

 

< TOPページに戻る >