中国孕ませ工場【残酷!(lll ゚□゚)食用の赤ちゃんを産ませる】

2051

↓↓↓ 知っておきたい ↓↓↓

漫画サイトの落とし穴人気サイトBEST・5

中国孕ませ工場ネタバレ・無料情報・感想

中国孕ませ工場の恐怖!

中国孕ませ工場


こちらのサイトでしか
取り扱いがありません

 まずは無料試し読みからです。

↓ ↓ ↓ クリック ↓ ↓ ↓


>>リンク先の右上で「中国孕ませ」
(はらませ)と入力<<

登録ナシで、誰でもすぐ読めます。

 


中国孕ませ工場マンガあらすじ・ネタバレ

中国孕ませ工場・中国の娘

 

中国のある村。

は両親が出稼ぎに出ており、

おじいちゃんと暮らしていました。

 

 

ある日、はお使いに出かけます。

 

 

そして森の中で、

見た事のない男たちを見かけ、

怖くなり逃げ出しますが・・・

 

 

追いかけられ捕まってしまいます。

 

 

縛られ、

 

むりやり車に乗せられた

たどり着いたところは、

 

中国孕ませ工場。

 

この工場は・・・・

< 下に続く >

 

*こちらのサイトでしか取り扱いがありません

まずは無料試し読みからです。

>>リンク先の右上で「中国孕ませ」と入力<<


登録ナシで、誰でもすぐ読めます。

 

 

中国孕ませ工場・14歳の娘「リン」

中国孕ませ工場では

 

中国孕ませ工場に連れてこられた


中国の娘、リン。

 

何が何だかわからぬまま、

男たちに乱暴されてしまいます。

 

 

まだ14歳と幼い少女に

 

男たちは群がり

 

欲望をぶつけるのです。

 

 

まだ処女だったリン

血だらけになりながら

苦痛の時間を耐えました。

 

 

 

そして別の部屋に連れていかれるのですが、

そこには、

リンと同じように

連れてこられただろう女たちが

ひしめきあっていて・・・・・

 

異様な雰囲気

漂っているのでした・・・・

 

>>>ここから読む<<<

リンク先の右上で「中国孕ませ」と入力<<

 

中国孕ませ工場・女たちの監獄


中国孕ませ工場の部屋・異様な女

寒い部屋には毛布もなく、
逃げられそうに
ありません。

 

わずかな食事に群がる女たち。

 

リンが食事を取れずにいると、

気づいた女メーイー

リンに食事を渡します。

 

 

落ち着いて見ると、周りにいる女たちは

みんなお腹が大きく、

子どもを孕んでいることがるわかるのです・・・・。

 

 

リンに絡んできた女、ファリンが最も古参で、

3人も赤ちゃんを産んでいるらしかった。

 

 

リンを助けてくれたメーイーは2番目に古くからいるという。

色々教えてくれるメーイーは、ただ一つ

「生き抜くこと」

と教えてくれた。

 

 


*このマンガは、
ここでしか扱っていません。

>>まずは試し読み➡リンク先で
「中国孕ませ」と入力してください。<<

登録ナシで、誰でもすぐ読めます。

中国孕ませ工場【類似の事件?・感想】

 

中国孕ませ工場と類似した事件

 

中国では土地がやせていて、

生産物などがないところも多くあるようです。

 

昔から「人」は資源と考えられている地方があった様ですね。

漢方にしたり、臓器を売ったり・・・・・・。

2016年にも強制妊娠させ、出産

その後 人身売買や奴隷、臓器の密売などをする

闇組織が摘発されました。

 

中国孕ませ工場と類似した事実を元にしたマンガ

「中国誘拐村」というのがありました。

中国誘拐村マンガ無料ネタバレ(*゚。゚)安芸わたる『初夜は花婿と迎えてはいけない!?』

こうやって人を誘拐し、

売春させるために薬漬けにさせられたり、

 

臓器を商品として扱う内容が出てくるマンガは

結構ありますが、

 

このマンガはリアルな絵と、どうにもならない様子が

良く描かれていますので是非この先を読んでみてください。

 

優しくしてくれたメーイーの出産、

絡んできたファリン本当の姿・・・・・・

リンの生き方・・・・とてもリアルです・・・・・・。

 


*このマンガは、
ここでしか扱っていません。

>>まずは試し読み➡リンク先で

「中国孕ませ」と入力してください。<<

登録ナシで、誰でもすぐ読めます。

 

中国孕ませ工場と事実
中国では、子供の誘拐や人身売買が後を絶たない。という話がある。
 
 
中国の病院で出産したところ、
医師により「赤ちゃんに先天的な障害がある」
と母親や家族に告げ、
死産として処置を任せるよう仕向けた。
 
 
翌日、医師から2万1600元(約35万円)で
新生児を買い取り、その後、3万元で転売したそう。
 
まさに新生児が商品化されてしまっているのです。
 

 
河南省の病院の廊下の壁に「赤ちゃん売ります」
と書かれた広告が見つかったこともあり、
 
男児約57万円、女児約38万円と価格を提示していたとか。
 
 
今までも中国でこういった事件が起こっていますが
人身売買事件のほんの一握りのケースしか
表には出てきていないと考えたほうがよさそうだ。
 

 
「一人っ子政策」が原因では?
と見る者もいる。
 

 
肉体労働に適していたり、
財産分与に優位な男児の方が高額で取引されている。
 
 
家族が育てられない2人目以降の
“余分な”子どもの場合は、
別の家族に養子に出されるか、
売られることになるのだ。
 
 

人身売買の目的は性的搾取、
強制労働やあるいは奴隷的状態、
さらには臓器摘出が含まれる。
 
 
子どもが働くことが当たり前になっている
インドやアフリカ諸国では
生活のため強制労働させるのは
“仕方がない”とされている。
 

 
ナイジェリアでは、
新生児を人身売買する目的で
10代の少女たちに妊娠・出産させていた。
 
 
通称「赤ちゃん製造工場」
 
 
15歳から17歳の少女らが
子どもを妊娠・出産させられている
 
との通報。
 
 
施設を捜索し、妊娠した少女32人を保護。
 
産まれた赤ちゃんは性別により
約1万5500円で売る話を持ちかけられたそうです。
 
 
施設長は児童虐待と人身売買の罪で起訴。
 
有罪になれば禁固14年の可能性がある。
 
 

西アフリカでは、児童の人身売買が横行。
 
 

農園や鉱山、工場の働き手として、家政婦として、
あるいは売春婦として売られるが、
 
黒魔術の儀式用に殺害されることもあるという。




>> 中国孕ませ工場 <<

登録ナシで、誰でもすぐ読めます。

マンガは絵を見ながら読むと
入り込む感情が違いますね~♪

 

 

< TOPページに戻る >