虐待容疑の女マンガ・ネタバレ|´ェ`)痣だらけの背中は語る・無料試し読み

虐待容疑の女
~痣だらけの背中は語る~ネタバレ

 

ーーどの家庭にも起こりうる話
虐待容疑の女だと思いました。ーー

 

 >>>「虐待容疑の女」無料の試し読みはこちら

*サイト内中央で「 虐待容疑の女 」で検索するとすぐ見れます。

 

虐待容疑の女~痣だらけの背中は語る 

藤木 七緒(ふじき ななお):主婦

心不全で倒れた夫の母親の為に
リハビリのサポートをしている優しい主婦。

幼い息子の(のぼる)は保育園のお世話になっている。

 

ある日迎えに行くと
昇は泣きはらした目をしていた。

 

気になり、先生に聞いても
「泣くのが仕事」となだめられて
終わってしまう。

 

昇は生まれた時から
赤ちゃん特有の蒙古斑が多かった。

 

七緒は、それは妊娠中の生活が悪かった
自分のせいではないか 
自分を責めるように思っていた。

 

 

昇と旦那がお風呂に入っていると声がかかる。
「背中の痣がふえたのではないか」

と言い出す旦那。

 

 

 

七緒は、自分をまた責められてしまったかのように
「もう、蒙古斑って言っているのに・・・」
とため息をつく。

 

 

保育園に預ける時、昇の様子で
違和感を感じる。

 

担任の先生に抱かれると大泣きをする昇。

 

担任を替えてもらうように相談しても
人手不足で希望は受け入れてもらえなかった。

 

 

 

ある日、七緒が保育園に昇を迎えに行くと

 

 

昇の担任と、園長、

児童相談所の職員が待機していて・・・・

 

 

>>>「虐待容疑の女」無料の試し読みはこちら

*サイト内で「  虐待容疑  」で検索するとすぐ見れます。

コピペしていくと便利ですよ

 

TOPページ>>

 

 感想      

 

児童相談所って、助けになる場合
冤罪を作る場合もどちらもあると思います。

児童相談所と仕事で関わったことがあるのですが
私が感じたのは、

 

基本的には保育園側の味方
という印象がすごく強かったです。

そして一度、施設に引き取られてしまうと、
わが子でも、なかなか退所できず、
帰ってこられないと聞きます。

 

本当に虐待されている子供には助けになりますが、
冤罪だったら・・・・・

 

これはどの家庭にもありうる話です。

このマンガは「 冤罪 」ですが、
周囲の気持ちの動きに注目してほしいです。

 

リハビリを手伝ってもらっている姑

七緒の旦那

保育園の担任

保育園の園長

児童相談所の職員

 

それぞれの視点を見てください。

>>>無料の試し読み&マンガ本編

*サイト中央で「タイトル検索」が出来ます。

 

最近読まれているマンガは>>>>こちら息抜きね♪

 

TOPページ>>