とりかえ・ばや]*´ェ`*)無料でマンガ・原作をお詠みになるお方ゑ

↓↓↓ 知っておきたい ↓↓↓

漫画サイトの落とし穴人気サイトBEST・5

とりかえ・ばや
とりかへばや物語』は平安時代後期に成立した物語である。
作者は不詳。
「とりかへばや」とは「取り替えたいなあ」と言う意の古語。

 
さいとうちほ・作
➡無料でマンガを試し読みなさる方<<<<

とりかえ・ばや

ネタバレ・あらすじ

 

男らしい姫君と女らしい若君 

それなら いっそ とりかえてしまいませう―――

ベテランのさいとうちほが、新たな衝撃作をスタート! 

”男女逆転ドラマ”の原型である古典

「とりかへばや物語」を大胆にアレンジ。

男として生きる女君・沙羅双樹と、
女として生きる男君・睡蓮の禁断の運命は―――!?

➡無料でマンガ試し読み<<<<

 

とりかえ・ばや 古典原作

 

平安絵巻の物語~
同じ日に産まれた沙羅双樹と睡蓮の2人。

関白左大臣の2人の子。

 

 

1人は内気でもう1人は快活。

性別と性格が真逆だったのです・・・・・・・。
父は2人を「取り替えたいなあ」と嘆く。
この天性の性格のため、男児は「姫君」として、
女児は「若君」として育てられることとなった。

 

 

 

男装の女児である「若君」は男性として出仕する。
才気を発揮し若くして出世街道に乗っている。

 

 

女装の男児である「姫君」も女性として後宮に出仕する。

 

 

その後「若君」は右大臣の娘と婚姻するのだが、
事情を知らない妻は浮気し、夫婦仲は破綻。

 

 

「姫君」は主君女東宮に恋慕し密かに関係を結んでしまう。

 

 

「若君」「姫君」それぞれ次第に
自らの天性に悩み始める。
そして「若君」が親友に素性を
見破られてしまい
関係も変わっていく。

 

 

 

 

親友である宰相中将の子を妊娠し、
進退窮まった「若君」は、宰相中将に匿われて女の姿に戻り
密かに出産する。

 

 

 

 

「姫君」もまた、元の男性の姿に戻り
行方知れずとなっていた「若君」を探し当てて
宰相中将の下からの逃亡を手助けする。

 

 

 

その後2人は、周囲に悟られぬよう

互いの立場を入れ替える。

 

 

本来の性に戻った2人は、それぞれ自らの未来を切り開き、
関白・中宮という人臣の最高位に至ったという物語。

 

 

とりかへばや物語の原型は1180年以前に成立したと
考えられているが、その後改作が加えられ、
現在の形となって遺っているようです。

 

どうも原作とマンガではラストがちがうようですね。

 

まずはマンガから・・・・

とりかえ・ばや

【 マンガを読む手法 】
まずは無料の試し読みがおススメでございます
▼ ▼ ▼ ▼ ▼
 

➡ 無料でマンガをお読みになる>>>>>>>

リンク先で「 とりかえ・ばや 」で検索するとお早いです。

コピペで持って行ってくださいませ♪ ↑

試し読みたっぷりでございます。

 

 

< TOPページにお戻りになる >