花園メリーゴーランド マンガ【おばちゃんに奪われた童貞】д゚;)

花園メリー

柏木ハルコ・作
➡無料でマンガ試し読み<<<<

花園メリーゴーランド

ネタバレ・あらすじ

 

青年は迷子になっていた。

 

山中、駅に向かおうとするが「駅」がない。

 

歩きに歩いてヘトヘトになっているところへ
スクーターが通りかかる。

 

人がいた!

 

というレベルで喜ぶ青年。
「駅」はない。
「宿」もない。

 

 

 

一番近くの村まで、
そのスクーターに乗せてもらうことにする。

 

 

 

たどり着いたのは、
昭和にタイムスリップしたかのような
田舎の小さな村でした。

 

 

 

 

その村は、人里離れた閉鎖的な村ゆえに
一般的な貞操観念とは異なる文化を持ってた。

 

 

青年・相浦。

 

ご近所でおばちゃんのお茶のみの席で襲われる。

性に対して奔放で、その村ならではのしきたり。
噂話やお茶のみの感覚で性行為を始める村の住人。

 

 

青年・相浦の「常識」は通用せず、
抗うどころか染められていく・・・・

 

柏木ハルコ・作のねっとりとしたエロスは
精神的に勃つと評判のマンガ

 

➡まずは無料でマンガ試し読み<<<<

 

花園メリーゴーランド

感想  

 

ほのぼのした村の話かと思いきや、
後半は殺されそうになるビックリな展開。

 

 

 

エロスも奔放で「えっ?」っていうくらい軽い物から、
異常さを現すような ねっろりエロスまで幅広い。

 

 

 

性に奔放なはずの村でも浮気とみなしたり、
殺そうとまでするというのは
「欲求に対して奔放」と捉えるほうが
合っている気がします。

 

 

 

 

閉鎖的な村の淫靡で不思議な感覚を味わえるマンガです。

 

詳しくは・・・・

 

花園メリーゴーランド

【マンガを読む手順】
まずは無料の試し読みがおススメです。
▼ ▼ ▼ ▼ ▼
 

➡無料でマンガを読む>>>>>>>
リンク先で「 花園メリー 」で検索

コピペで持って行ってね♪ ↑

試し読みたっぷりでした。

 

 

< TOPページに戻る >