中国誘拐村マンガ無料ネタバレ(*゚。゚)安芸わたる『初夜は花婿と迎えてはいけない!?』

中国誘拐村マンガ無料ネタバレ
安芸わたる・作

➡無料でマンガ読み<<<<

中国誘拐村 世界の因習

ネタバレ・あらすじ

 

 『おじろく おばさ』

 

明治39年4月中部地方

東京から鉄道で半日。馬車でさらに半日。
そのあとは馬に揺られて、やっと着いた
貧しい山の中の村。

 

そこにお嫁に来た、中原 比奈子 18歳。

帝国陸軍大佐 中原源之丞の4女である。

 

 

比奈子は父、源之丞の命の恩人」である
杉浦永吉 24歳
の元に嫁がされた。

 

 
逃げる源之丞を救った永吉は、
日露戦争の英雄と呼ばれている。

 

 

 

村に着き、比奈子が馬上から落ちそうに
なったところを武郎(たけお)が助ける。

 

 

それが気に入らなかったのか、
「汚い手で俺の嫁に触るな!」
と永吉は 武郎を殴る

 

 

「おじろくのくせに!」と。

 

おじろく?使用人のこと??

 

 

そうだとしても
ひどい仕打ちだと思ってしまう。

 

ある日 武郎が母屋に
駆け込んでくる

 

 

「親父、兄さん、大変じゃ!

かつ爺が急に悪くなって!」

 

 

 

どうやら武郎は使用人ではなく
永吉の「弟」だったのだ。

 

 

 

離れに向かうとそこに
年老いた「かつ爺」と
呼ばれた老人が寝ている。

そこに寄り添う老婆。

 

 

 

小屋の中は何か・・・・・・

こもった匂いがしていて、

環境もよくない。

 

 

病人がワラの上で寝ているのだ。

 

 

「病人を早く 母屋へ・・・・」

 

そう言う比奈子に

 

 

「ええんじゃ。

 

そいつらは おじろく に おばさ じゃ。
もともとこの小屋に住んどる。

 

 

2人とも親父の兄弟。
武郎はオラの弟じゃ。

 

妹2人は嫁に行った。」

 

 

ここでやっと家族構成を知った比奈子。

 

 

「でも・・・・・・・・

3人とも昨日のお式には来なかった」

 

 

 

結婚式に兄妹が来ないなんて・・・?
思い言う比奈子だが、

 

永吉はハァ!?」と驚いて

さも当たり前のように口を開く

 

 
➡無料でマンガ試し読み<<<<

 

 

中国誘拐村 世界の因習

感想    

 

こういった村の風習やしきたり
と言ったものが
世界各国に
ありますが、

 

同じ日本にもこういった
特異に感じてしまうものが
有りますよね・・・・・。

 

 

現在も名残のある地方が
多いのでしょうか。

 

 

 

以前 見た「結婚」の風習では、

 

 


結婚式を挙げた
花婿が、

花嫁を「叔父の家」

送り届けるというのがありました。

 

 

 

そして「初夜」を

「叔父」と迎える「花嫁」

 

 

 

一般的な感覚で言うと
信じられない風習ですが、

 

 


これが「普通」として育てば

違和感なく、叔父を受け入れる

んですよね・・・・?

 

 

送る花婿も、男として違和感は
ないんでしょうかね?

 

 

 

自分の知っている常識外
受け入れることって難しいですね~。

(;^_^A

 

さて比奈子はこの村の因習
受け入れられるのでしょうか。

 

 

もしも自分だったら、と
想像してみると楽しめると思います。

 

 

まずは試し読みをご覧ください。
無料公開中です。

 

中国誘拐村 世界の因習

【 無料でマンガを読む 】
  まずは無料で読んでみる! 
▼ ▼ ▼ ▼ ▼
 

➡無料で「中国誘拐村 世界の因習」を読む<<<

 

リンク先で「 世界の因習 」で検索すると早いです。

コピペで持って行ってね♪ ↑

土地の風習って屈するしかない?

 

 

< TOPページに戻る >