貴様は死体だが命に別状はないマンガ3話(゚ε゚【蘇生依頼・詐欺事件】

貴様は死体だが、命に別状はない。
マンガ3話ネタバレ

5月14日雷

私と猛くんは窓の外の音と光に怯えながら
ずっとパパとママの帰りを待っていました。

その電話が来たのはもう夜になる頃でした。

無数に落ちる雷の音は
私たちの嗚咽を掻き消して行きました。

貴様は死体だが命に別状はない

➡無料でマンガを試し読み<<<<

落雷により旅客機墜落

 

貴様は死体だが、命に別状はない。
ネタバレ・あらすじ

 

 

『蘇命庵』

さえ払えば死人はる。
しかし、完全な元通りにはならない。

 

 
「きらりん の方から特に何も音沙汰ないけど、
本当に俺たちを嗅ぎまわるヤツなんているのか?」

 

 

 

なんとなくの違和感はあっても
考えすぎにも感じ未だ信じられない。

 

 

 

カスミは独特の冷ややかなまなざしで
静かに語り始める。

 

 

 

「基本的に私は特定のルートからだけ
依頼を受けている。

 
ここへつながる扉とその遺体の存在

 
それを教えた誰かがいなければ
迷い込んでくるはずもない。」

 

 

 

 

確かにどこからでも、

ということは ありえない。

 

 

 

 

「それに・・・・・

破壊されたはずのドームの話題が
どこにも上がっていない。

 

 

 

そもそも あの夜ドームに、人っ子一人
いなかったのも疑問だ・・・・。

誰かに仕組まれた舞台。

 

 

 

 

そしてそこで起こったことを、
その誰かによって隠蔽された。

 

 

 

つまりあの時の目的は、

 私の、観察・・・・・・。」

 

 

 

 

狙われているのは他の誰でもなく

「カスミ」だったのだーーー!

 

この設定が 面白い

詳しくは無料の試し読みで!

今なら無料の試し読み「ページ増」!
▼ ▼ ▼ ▼ ▼

 無料でマンガを読む>>>>>>>

 

リンク先で「 貴様は死体 」で検索すると早いです。

コピペで持って行ってね♪ ↑

ページ数多かったです

 

 

< TOPページに戻る >